キッズクラブ

はじめよう絵本

0〜2歳に出会ってほしい絵本

お子さんが最初に目にする「赤ちゃん絵本」は、まず絵本にふれる楽しさや喜びを感じてもらうことが大切。ストーリー性は少なく、色彩豊かなものや、繰り返しの多いものが喜ばれます。まだ本とおもちゃの区別がつかないので、めくって遊んだり、積み木のように並べたり、時には投げたりします。でもお子さんに直接本を持たせるのもふれあいの一つです。安全性を考え、かどが丸いものとか、大きさや重さも絵本選びのポイントです。そこで、比較的軽く繰り返しの言葉が楽しい絵本を選んでみました。
いないいないばあ

童心社「いないいないばあ」松谷みよ子、瀬川康男

親子のブックファーストに最適。遊びの中に人とのふれあいを感じさせてくれます。
ねないこだれだ

福音館書店「ねないこだれだ」せなけいこ作・絵

こわいおばけの話なのに、なぜか楽しくなる不思議な魅力をもっています。子供が声を出して繰り返す、リズム感あふれる絵本です。
きんぎょがにげた

福音館書店「きんぎょがにげた」五味太郎作・絵

逃げ出したピンク色の金魚。何処にいるか見つけたときのお子さんの得意顔が見れますよ。

2〜4歳に出会ってほしい絵本

この時期になると、本とおもちゃの区別ができるようになります。また絵本のストーリーの面白さも理解してきます。お気に入りの絵本は毎日でも「読んで!」とせがまれます。お母さん、お父さんは「また読むの?」と思わずに、何度でも読んであげましょう。私が息子に何度も何度もせがまれた、大好きな3冊を紹介します。
ぐりとぐら

福音館書店「ぐりとぐら」中川季枝子 山脇百合子

永遠のベストセラー。タマゴの車が出てくる場面に子供は大喜び。「ぼくらのなまえはぐりとぐら」というところで、子供は曲をつけ歌っています。最高の絵本です。
はけたよはけたよ

偕成社「はけたよはけたよ」神沢利子 西巻茅子

この本でパンツが一人ではけるようになった子供も多いはず。パンツがはける達成感に共感します。
はじめてのおつかい

福音館書店「はじめてのおつかい」筒井瀬子 林明子

大人にとっては他愛もないことでも子供からすれば大冒険。小さな困難をひとつひとつクリアしていく心配と安心の連続の展開。

4〜6歳に出会ってほしい絵本

この時期になると自分が物語の主人公になりきって聞いています。次の展開をいろいろ想像しながら期待と不安をもって集中します。ですから、お話が長くても最後まで聞けるようになります。逆に面白いストーリーでないと聞いてくれません。そこで次に紹介する3冊は、困難に打ち勝って最後に成功する、お子さんが大喜びする「冒険活劇絵本」です。ぜひお父さんに読んでもらいましょう!
まっくろネリノ

偕成社「まっくろネリノ」ヘルガ・ガルラー作 

家族の中で自分だけまっ黒な鳥ネリノはいつも仲間はずれ。鳥籠に捕まったきれいな兄さんたちを、ネリノは闇夜に紛れ救い出す。勇気に拍手!
かいじゅうたちのいるところ

冨山房「かいじゅうたちのいるところ」モーリス・センダック作

かいじゅうの国で王様になるマックス。こわいけど早く結末が知りたくなるファンタジー絵本の傑作。
三びきのやぎのがらがらどん

福音館書店「三びきのやぎのがらがらどん」マーシャ・ブラウン絵

小さいやぎ・中ぐらいのやぎ、最後に大きいやぎのがらがらどんがトロルの戦う場面で、子供たちの気持ちは最高潮に達します。実に読みがいのある絵本。