キッズクラブ

はじめよう絵本

はじめよう絵本
おはなし会で、みんなであそぼう!絵本は、人と人の間に存在して、なんかすごい力を秘めている。おはなし会をやればやるほどそう思うこの頃です。いろんな絵本といっしょに、少しの時間、遊んでみませんか?みなさんの気軽なご参加をお待ちしております!
さい頃から本屋さんになりたくて、なってみて3年。つくづく思うことは、「本って一生のおつきあいだなあ」ということです。赤ちゃんから年輩の方まで、本屋にはすべての年代の方がみえます。そんな一生のおつきあいの、はじめの一歩が「絵本」です。
本と仲良くなることで、本や本屋さんとの素敵なおつきあいが続くといいなあ、そんな気持ちから、おはなし会を始めてみました。その甲斐あって、ちっちゃな女の子から「本屋さんになるー」とか「お手伝いするー」とか言われることも。とても嬉しいです。
本のおはなし会では、私は肩肘はらずに、けっこう自由に絵本を読んでます。「あ、つまんなそう」と思ったらやめて違う絵本にしたこともあります。みんなが1冊の本を囲んで、楽しい時間を過ごすことを目標にしてますので、難しく考えず、遊びにきてください!
には、おはなし会なんて無視(!)で、ずっと他の絵本を読んでる子もいますし、それはそれでまた良し。そこに新たな出会いがあるかもしれません。

絵本は楽しい

絵本の楽しさは親子の「ふれあい」。「ふれあい」がより楽しくなるよう、子供の成長に合わせた魅力あふれる面白い絵本の一部を紹介します。どれもよく書店で目にする当たり前の絵本かもしれませんが、この当たり前の中に、優れた笑いや、感動のエッセンスがふんだんに隠されています。どうぞ、お子様と一緒にお楽しみ下さい。

今、絵本の読み聞かせの輪が全国で広がっています。

子供たちが読書好きに育って欲しいという親の願いから始める方が多いようですが、読んでいるうちに親が絵本の面白さに気づいて「大人も一緒に楽しむもの」になってきています。私もその一人で、二人の息子には様々な絵本を読んできました。

三つ子の魂百まで

息子が2歳のとき「ぐりとぐら」を毎晩読むようにせがまれ、そのうち息子は全文を暗記したのには驚きましたが、3歳児をピークとした全ての幼児の脳には、目や耳から入った情報を一瞬にして脳に焼き付けるという特別な「能力」があります。全国の駅やクルマの一部で車種を全て答える幼児がいますが、これは人間が持つ「脳力」で、よく「三つ子の魂百まで」と言われます。

絵本の楽しさは親子の「ふれあい」。

子供の脳や心の成長に重要な0歳から6歳の間に、どれだけ多く絵本を、お父さん、お母さんの声で聞かせてあげることが、その子の一生の読書量だけでなく、将来の可能性の幅を大きく変えることでしょう。親と子が感動を分かち合い「絵本の楽しさ」を同じ時間に共有することが、身近にできる大切な親と子の「ふれあい」だと思います。
コンシェルジュ 河合